エチラーム(etilaam)0.5mg/1mg

エチラーム

製造メーカー:Intas Pharma
       (インタスファーマ)

原産国:インド

成分:エチゾラム(Etizolam)

内容量:1箱10錠

エチラームの商品概要

エチラームは、抗不安薬デパスのジェネリック医薬品です。

抗うつ、抗不安作用の有効成分エチゾラムを配合しています。
有効成分エチゾラムには、抗不安作用(不安を取る作用)以外にも、筋弛緩作用(筋肉の緊張をほぐす)、催眠作用(眠くする)、抗けいれん作用(けいれんを抑える)があります。
中でもエチラームには抗不安作用と筋弛緩作用が強く、不安を改善させたり身体をリラックスさせるのに効果的です。

催眠作用もあるため、睡眠導入剤としても使用できます。

デパスを日本国内で購入するには医師の処方箋が必要となります。しかしなかなか病院に行くことが難しいという方に、個人輸入代行サイトで購入できるデパスジェネリックのエチラームは重宝されています。

エチラームの服用方法

エチラームの服用方法は、症状によって用量や、服用回数が変化します。
過剰服用を避けるため、用法用量を必ず守りましょう。また、服用に際してはできるだけ食後など、胃に食べ物が入っている状態での服用が好ましいとされています。

神経症、うつ病の場合は、1日の最大服用量を3mgとし、1回1mgを3回にわけて服用。
心身症、頚椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛など、筋緊張に対しての場合は、1日の最大服用量を1.5mgとし、1回0.5mgを3回に分けて服用。
睡眠導入剤として服用の場合は、1日1 - 3mgを就寝前に1回服用。

エチラームは、耐性・依存性が問題視されることもあり、過剰な服用は厳禁です。
服用時は必ず用法用量を守りましょう。

さらに詳しい服用方法は「デパス/エチゾラムの服用方法」をご参照ください。
エチラームはデパスのジェネリック医薬品であるため服用方法が同じです。

エチラームの副作用・注意点

エチラームはリラックス効果の大変高い医薬品です。
そのため、筋肉や脳までリラックスしてしまい、服用後の自動車の運転や、高所作業が危険な場合があります。 また、少し忘れっぽくなる場合もあるようです。

エチラームのその他の副作用として、眠気、ふらつき、めまい、歩行失調、頭痛・頭重、言語障害、また、まれに不眠感、興奮、焦燥、振戦、眼症状(霧視、調節障害)などが報告されています。
統合失調症等の方で、刺激興奮、錯乱等が現れる場合もあります。

また、大量連用により薬物依存を起こすこともあります。

また、脳梗塞などの脳の病気や心臓・血圧・網膜に問題のある方の使用は推薦されていません。
エチラームの副作用や過剰投薬による依存等、詳しくは「デパス/エチゾラムの副作用」のページを参照ください。
エチラームはデパスのジェネリック医薬品であるため、注意点や副作用が同じです。

このページの先頭へ