個人輸入とは

デパス(エチゾラム)を購入するにあたっては、医療機関で処方してもらうか、医薬品の個人輸入代行サイトを利用するという方法があります。

そもそも医薬品の個人輸入とは何なのか、そして個人輸入代行サイトを利用するにあたっての注意点をまとめています。

個人輸入について

薬

医薬品の個人輸入とは、薬事法で認められている正規の医薬品の購入方法です。 医薬品を個人で使用する目的で、海外の業者から直接医薬品を購入します。
これは薬事法の制限内の数量に限ります。

薬事法で定められているのは、この『個人利用』と、『数量』の2点です。
個人輸入で購入した医薬品やサプリメントを他人に譲ったり、販売することは違法となっています。

そのため、男性が女性用お医薬品を購入することや、女性が男性用の医薬品を購入することも認められていません。

また、個人輸入で購入できる医薬品の数量も定められています。
具体的な数量として、ビタミン剤は4ヶ月分以内、医薬品は2ヶ月分以内、要指示薬(使用にあたって医師の指示が必要な医薬品、処方箋薬)は1ヶ月分以内となっています。 これを越える量を購入すると、税関で止められてしまいます。
日本では処方箋の必要な要指示薬ですが、海外では薬局やスーパーマーケットなどで販売されており、だれでも簡単に購入できるものがあり、こういった医薬品を個人輸入で購入することは、日本においても発送国現地においても違法ではありません。

デパス(エチゾラム)の場合、日本国内では処方箋をもらうことで購入できる処方箋薬であるため、個人輸入で購入できるのは1ヶ月分までと定められています。

また、届け先を会社や、商店、ビル宛にした場合、税関にて個人輸入とみなされず、関税の支払を求められる場合があります。個人輸入は個人で使うこうとでだけ認められているためです。 スムーズに輸入品を受け取るためにはなるべく自宅、もしくは郵便局留めなどでの受取をおすすめします。

また、個人輸入を行うにあたって、未成年は利用ができません。
医薬品の個人輸入は20歳を過ぎてからにしましょう。

医薬品個人輸入代行サイトの仕組み

輸入

医薬品の個人輸入をするには、海外の医薬品業者と直接取引をしなければなりません。 しかし、一般の私たちがいきなり海外業者と取引、というのはなかなかできることではありません。 そこでそういった面倒な海外業者とやり取りをしてくれるのが、個人輸入代行サイトです。

医薬品の個人輸入代行サイトで医薬品を購入すると、代行業者が私たちに代わり、海外の業者から医薬品の購入を行ってくれます。

海外の医薬品業者は、私たちの購入した医薬品を直接、私たち購入者のもとへ届けてくれます。
これが、個人輸入代行サイト利用の仕組みです。

このような仕組みで個人輸入代行サイトが、言語の違うやり取りや、通貨の違いなどの面倒な部分を引き受けてくれるため、日本の一般的な通販サイトと同じようにクリックと入金のみで、簡単に海外業者から医薬品を購入することができるのです。

悪質個人輸入サイトに注意!

インターネット

インターネット上にはきちんと安全の確認のとれない個人輸入代行サイトがあります。
確認の取れない個人輸入代行サイトは、偽薬などを販売していたり、そもそも販売など嘘で詐欺目的であったりと、悪質なものも多く、注意が必要です。 こういったサイトの被害を受けないためにも、いくつかの個人輸入代行サイトを比較してあまりにも安価な商品を取り扱うサイトは避けたり、口コミを調べてみるなどして、信頼できるサイトを利用しましょう。

抗不安薬として有名なデパス(エチゾラム)や、そのジェネリック医薬品エチラームなどの偽物を取り扱う業者が増えているため、注意が必要です。

このページの先頭へ